新着情報
2018.05.17
ストップ!!猫の多頭飼育崩壊!
 多頭飼育の崩壊が全国で、また新潟県内のあちこちで問題となっています。
 最初の1頭から不妊去勢をしてから飼っていれば悲惨なことにはなりません。
 新潟県動物愛護センターで5月8日から呼びかけを強化したということです。詳細はここへ
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1356893311173.html
2018.05.11
平成30年度愛護動物取扱管理士の試験・講習の申込を開始しました
 平成30年9月2日(日)に行う愛護動物取扱管理士の講習・試験の申込受付を5月7日から開始しました。
 定員は80名となっております。
 動物取扱責任者を目指す方、愛玩動物の勉強をしたい方など、是非ご検討ください。
2018.03.02
 ネットオークションへの協会の関与
 ある情報が寄せられました。ペットフードのオーク
ションで新潟県動物愛護協会の振興に役立てるためと
うたっている者が複数のサイトにでているとのこと。
売りたいために名を騙っているのではと。
 サイトでは確認できませんでしたがペットフードで
の売益資金での寄付は一切ありませんのでご注意くだ
さい。
2018.01.26
にゃんこと暮らすセミナーが2月25日に開催されます
新潟市動物愛護協会主催で2月25日(日)午後1時から
新潟市動物愛護センターで開催されます。
となりの活動情報をご覧ください。
2017.12.25
新潟県動物愛護推進員の募集について
 新潟市を除く県内の各地域において動物の愛護や適正飼育のための活動を行うボランティアを募集しています。現在43人の動物愛護推進員が活動されています。
 当協会の愛護動物取扱管理士の方は資格として申し分ありませんので是非応募をお願いします。応募期間は1月4日〜31日まで。詳しくは新潟県生活衛生課にお問合せください。当協会でも応募用紙がありますので連絡くださればお送りします。
2017.10.27
「地域猫セミナー のら猫のことで困っていませんか?」を開催しました
 平成29年度ゼロプロジェクト事業「地域猫セミナー」を開催しました。上越支部との協会本部との共催です。
 67名の方が新潟県内各地から参加してもらいました。参加者の皆様、ありがとうございました。
 協会事業のところに写真と報告を掲載しました。
2017.09.03
愛護動物取扱管理士試験が終了しました
 3日の平成29年度試験は110人の方が申し込みをされ、全国から108人に方が受験されました。当日は台風を心配しましたが幸い天候にも恵まれました。丸一日かけての講習と試験でしたが受験者の皆様ご苦労さまでした。ありがとうございました。
2017.07.31
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の注意喚起について
 2011年に中国で初めて報告され、2013年日本でも確認されたSFTSについて不健康な猫、犬の関与が否定できないため、過剰なふれあい(口移しで餌を与える、布団に入れて寝る等)はしないようにということです。
 重篤者は死亡することがあるそうなのでご用心ください!
 詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。
2017.07.24
泉田裕彦前新潟県知事に感謝状を贈呈
 7月中旬に泉田前知事が会長の事務所を訪ねられた際、会長からお渡ししました。
 皆様ご承知のように知事在任中に動物愛護事業が大きく前進したわけですが顧問に就任していただいたことと併せてお贈りいたしました。
 泉田前知事に感謝申し上げます。
 協会事業に写真アップしてます。
2017.06.19
平成29年度動物愛護表彰式典を開催しました
 新潟県北窓隆子副知事様、県獣医師会楠宮川保会長様を来賓に迎え、15日に県商工会館において盛大に開催し、動物愛護功労等全部で440名の方を表彰いたしました。
 「総会・定款」欄に概要を掲載しています。
2017.06.15
新規の会員割引サービス店です
 新発田市の「いぬのとこや わんわん」さんが新たに
会員割引サービス店に入ってくださいました。ありがとうございます。
2017.06.09
 平成28年度の新潟県内の殺処分数が6月7日に県からマスコミに報道資料の提供がありました。
 これによると犬11頭、猫933頭の944頭と初めて1000頭を下回ったそうです。
 ゼロプロジェクト事業の展開も大きいと思っています。皆さん、ありがとうございます。まだ猫は933頭も・・・。頑張りましょう。
2017.03.15
ゼロプロジェクト講演会を開催しました
 【協会事業に写真等載せております】
 3月12日、まちなかキャンパス長岡において開催しました。県下各地から63名の参加いただきました。意見交換では時間が足りないくらい、活発なものとなり有意義なものとなりました。また星野会長には公務多端な折においでいただきました。
 参加いただいた皆さま、理事、実行委員の皆さま、ありがとうございました。
2017.03.08
十日町支部のゼロプロジェクトセミナー開催
 3月4日(土)十日町情報館において開催され、県外を含め30名以上が参加されました。主催者の皆さま御苦労様でした。ありがとうございました。
 フェイスブックと協会事業に掲載しています。
2017.03.03
新潟市動物愛護協会のゼロプロジェクト事業「ニャンコのセミナー」
 2月19日(日)、新潟市動物愛護センターで開催され親子連れなど37名の参加があったということです。
 この模様フェイスブックに写真をのせてありますのでご覧ください。
2016.12.12
11月23日 県央支部 ゼロプロジェクト事業
三条市東公民館で開催の「I Love ネコちゃん」
の開催状況、写真等をアップしました。
協会事業をご覧ください。
2016.10.25
ゼロプロジェクト基金に寄付をしてくださった方を公表します
 昨年から、猫殺処分ゼロを目指すゼロプロジェクト事業の推進のため基金をつくりましたが、9月末までに総額40万円を超える寄付がありました。
 本当にありがとうございました。感謝申し上げます。
2016.06.29
熊本地震ペット救護本部のサイトが立ち上がりました
熊本県・熊本市・(一社)熊本県獣医師会・(一社)九州動物福祉協会で構成された救護本部のサイトが立ち上がっています。様々な情報やお願いが一堂に見ることができます。
https://doubutsukyuen-search.org/kumamoto/
2016.04.21
  熊本地震の被災動物の救護活動等の支援寄付金窓口
 昨日、一般財団法人ペット災害対策協会がHPにアップしました。あたたかいご支援をお願いいたします。
 詳しくはHPを見てください。
 以下HPの一部を転載します。

 
 被災した飼い主及びペットを救護するため、支援寄附金をお寄せいただきたく、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

★振込先口座((1)及び(2)とも、同じ「ゆうちょ銀行」の口座です)

(1)(ゆうちょ銀行から振込みの方) 口座記号番号:10160−21645381
(2)(他の金融機関から振込みの方)店番:018 預金種目:普通 口座番号:2164538

   加入者名:一般財団法人ペット災害対策協会
      
※注:この寄附金募集は、現地で救護活動を行っている現地動物救護本部にお渡しする寄附金を募集しているものです。お寄せいただいた寄附金は、ペット災害対策推進協会の予算に組み入れてから送金するものではありません。なお、この寄付金は、被災飼い主及びペットの救護活動に使用するとともに、現地動物救護本部の活動終了後に仮に残金が生じた場合には次の災害に備えるための活動に使用するものとして募集しています。

※ペット災害対策推進協会では、現地動物救護本部の活動が円滑に進められるように、この他にも、色々な支援活動を行って行く予定です。
主な活動情報
2018.03.01
にゃんこと暮らすセミナー2018が開催されました
 新潟市動物愛護協会では2月25日(日)午後1時から新潟市動物愛護センターで上記のセミナーが開催されました。
 テーマは 多頭飼育の末に…崩壊の現実 熱心な話しあいが活発に行われました。
2016.10.25
 ゼロプロジェクト基金にご寄付いたただいた方々
 平成28年4月から9月末までに寄付してくださった
方々を追加して公表しました。協会事業で大きな画面がみれます。
2016.03.09
「自由民主党新潟県動物愛護推進議員連盟研修会」でのゼロプロジェクト事業の説明
本日は新潟県議会庁舎内の自由民主党大会議室での「自由民主党新潟県動物愛護推進議員連盟研修会」において永松副会長、坂田理事によりゼロプロジェクト事業の説明を行いました。
 この議連は平成25年に坂田理事が設立のため汗をかかれたもので、議連の会長は当協会の星野会長です。いま29人の県議の先生となっており、全員が当協会の会員となっていただいています。
 議会中のお昼休みに研修されるという過密スケジュールのなかで熱心に聞いていただきました。ありがとうございました。会長からあいさつの中でゼロプロジェクトも話していただきました。
永松副会長、坂田理事にはご多忙中ありがとうございました。これでまた事業が一歩前進したと思います。
 最後になりましたが、進行していただいた楡井先生、ありがとうございました。
2016.03.01
柏崎支部 ゼロプロジェクト事業
 2月28日柏崎市においてゼロプロジェクト事業として不幸な猫をつくらないためにという講演会が実施されました。多くの柏崎市民の方が参加され活発な意見交換がなされたとのことです。
2016.02.23
 BSNラジオ放送「ABS新潟プレゼンツきてみずほ」
 収録後にいっしょに撮ってもらいました。
2016.02.04
猫バンバン運動の記事です。
2016.01.26
 新潟県議会だより
 24日(日)に新聞折込で県議会だよりが配布されました。そのなかに平成27年12月議会の質問と答弁の要旨が掲載されていますので見てください。動物愛護議員連盟の議員さんから質問のようで、時機を得た内容で、答弁も動物愛護団体(当協会のことと思いますが)等と連携して殺処分ゼロを目指していくという力強いものです。
 インターネット検索で動物愛護・議会質問等で入れてみましたら結構ありました。国(環境省)も動いていますし、全国的に輪が広がるといいですね。
2016.01.19
月刊キャレル2月号が発行 ゼロプロジェクト記事掲載
 キャレル2月号の犬と猫の特集の中にゼロプロジェクト紹介記事があります。猫殺処分の現実、課題等がわかりやすく書いてあります。ほかにもかわいい犬と猫の写真、そして一人暮らしでのペットの課題も取り上げられています。
 内容は購入して読んでください・・・
 キャレルの編集長とスタッフの皆さん、ありがとうございました。
2015.12.16
 平成25年度の理事会で新規に動物愛護事業に取り組もうとの声があがり平成26年度の理事会、総会を経て、チームを立ち上げて検討した結果、いまだに殺処分の多い猫対策に取り組むことになりました。平成26年度には新潟支部(新潟市動物愛護協会)が先進的に取り組んでいる猫セミナーへの参加、新潟県動物愛護協会の協力のもと捨猫防止チラシの作成などを実施しました。
 平成27年度からはゼロプロジェクトという名前で、県下各地域や団体が集中的に取り組もうということになり、すでに先進的な新潟市支部、中越支部そして、以前から捨猫防止への取り組みや現在県下で実践活動の展開している新潟市、長岡市の団体をはじめ各地区のリーダー(実行委員)を中心に事業を推進しています。
2015.12.18
新潟県動物愛護委託事業の実施
 平成24年度から新潟県動物愛護事業の委託を受けています。主に動物ふれあい教室、ふれあい訪問事業のコーディネートや県動物愛護センター収容動物のケアを実施しています。
愛護動物取扱管理士
寄付について
新潟県動物愛護協会のロゴの入ったチャリティー自動販売機が設置されています。
法人会員一覧
広告・協賛主一覧
FACEBOOKページ