新着情報
2018.12.12
 新潟県では来年1月4日から31日までの期間、募集を行います。
 愛護動物取扱管理士のみなさんから是非応募していただきたいと思います。詳しくは新潟県庁のホームページをみてください。
2018.11.26
十日町支部で「多頭飼育を食い止める」セミナーを開催
12月2日(日)午前9時30分〜11時30分
十日町市「クロス10」において開催されます。
どこの地域でもいま、問題になっている多頭飼育。
崩壊する前に食い止めるためにどうしたらいいか。
皆様の参加をお待ちしています。
2018.10.10
平成30年度環境大臣表彰
6月で退任された鳴海壽一前副会長は永年にわたり動物愛護のために尽くしてこられましたが、9月26日に
環境省において環境大臣表彰(動物愛護管理功労者)を受けられました。おめでとうございます。
2018.10.04
ゼロプロジェクト講演会を開催しました
 9月8日(土)新発田市民文化会館において、杉本彩さんによる特別講演「人と動物がしあわせに共生できる社会を目指して」を開催しました。県内動物愛護活動についてのトークセッション等もあり、多くの方の参加がありました。
2018.10.02
「ペットがいます!」緊急時ステッカーが届きました
 NSTが2015年から取り組んでいる「動物愛護キャンペーン」の一環で2万枚のステッカーが製作されたとのことです。
 大規模災害が続く日本ですが、日頃からステッカーを貼ってペットがいることを周囲に知ってもらうことが重要で、万が一の際、取り残された場合ペットが救うことにつながります。Facebookに写真を載せましたのでみてください。
2018.08.29
動物愛護チャリティグッズ 「ストラップアクセサリー」ができました。
 検討を進めてきたストラップアクセサリーができました。フェスティバル会場で取り扱う予定です。
 右の方に写真を掲載しました。
2018.08.01
動物愛護活動を支援します
 「ゼロプロジェクト事業(猫殺処分ゼロを目指す)」の推進している動物愛護団体等の機器機材等の購入について支援する事業を平成30年度から行います。
 協会事業に案内文を掲示しました。
2018.07.17
西日本豪雨災害の被災飼主及びペットへの支援・寄付について
 一般社団法人ペット災害対策推進協会において寄付金募集を開始しています。
 この団体は熊本県地震の際にも行っていますし、信頼できる機関です。東日本大震災でもそうでしたが全国の窓口を一本化することで効率のよい支援が可能となります。当協会でも寄付の申し出があればここにお願いすることにしています。暑い中、大変な復旧、復興作業が進められています。皆さまのご支援をお願いいたします。
2018.05.17
ストップ!!猫の多頭飼育崩壊!
 多頭飼育の崩壊が全国で、また新潟県内のあちこちで問題となっています。
 最初の1頭から不妊去勢をしてから飼っていれば悲惨なことにはなりません。
 新潟県動物愛護センターで5月8日から呼びかけを強化したということです。詳細はここへ
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1356893311173.html
2018.03.02
 ネットオークションへの協会の関与
 ある情報が寄せられました。ペットフードのオーク
ションで新潟県動物愛護協会の振興に役立てるためと
うたっている者が複数のサイトにでているとのこと。
売りたいために名を騙っているのではと。
 サイトでは確認できませんでしたがペットフードで
の売益資金での寄付は一切ありませんのでご注意くだ
さい。
主な活動情報
2018.12.12
平成31年度「新潟県動物愛護推進員」の募集
 愛護動物取扱管理士のみなさんから是非応募していただき動物愛護推進のために活躍していただきたいです。
よろしくお願いします。
2018.10.10
平成30年度環境大臣表彰
 新着情報でもお知らせしましたが、当協会前副会長の
鳴海壽一氏が9月26日、環境省で大臣表彰(動物愛護管理功労者)を受けられました。写真が届きましたのでご紹介いたします。
2018.08.29
チャリティグッズ
「ストラップアクセサリー」の販売
 ゼロプロジェクト事業など動物愛護活動資金の一助として取り扱うことにして、ストラップアクセサリーの検討を進めてきましたが、ついにできあがりました。
 動物愛護フェスティバル等を中心にお願いしようと思っています。
 皆さま、よろしくお願いします。
2016.10.25
 ゼロプロジェクト基金にご寄付いたただいた方々
 平成28年4月から9月末までに寄付してくださった
方々を追加して公表しました。協会事業で大きな画面がみれます。
2016.02.04
猫バンバン運動の記事です。
2015.12.16
 平成25年度の理事会で新規に動物愛護事業に取り組もうとの声があがり平成26年度の理事会、総会を経て、チームを立ち上げて検討した結果、いまだに殺処分の多い猫対策に取り組むことになりました。平成26年度には新潟支部(新潟市動物愛護協会)が先進的に取り組んでいる猫セミナーへの参加、新潟県動物愛護協会の協力のもと捨猫防止チラシの作成などを実施しました。
 平成27年度からはゼロプロジェクトという名前で、県下各地域や団体が集中的に取り組もうということになり、すでに先進的な新潟市支部、中越支部そして、以前から捨猫防止への取り組みや現在県下で実践活動の展開している新潟市、長岡市の団体をはじめ各地区のリーダー(実行委員)を中心に事業を推進しています。
2015.12.18
新潟県動物愛護委託事業の実施
 平成24年度から新潟県動物愛護事業の委託を受けています。主に動物ふれあい教室、ふれあい訪問事業のコーディネートや県動物愛護センター収容動物のケアを実施しています。
愛護動物取扱管理士
寄付について
新潟県動物愛護協会のロゴの入ったチャリティー自動販売機が設置されています。
法人会員一覧
広告・協賛主一覧
FACEBOOKページ